景色豊かな杉並 一戸建て

1992年、日本政府が区政を施行してから60年が経過しました。
杉並区では、区政施行の記念を祝って、区民に杉並区という街の素晴らしさを再認識してもらうために、杉並百景の選定を実施しました。

杉並百景のコンセプトは、住民自身の投票による結果で決めたものです。
近くにある風景が如何に風情があって、綺麗に保たれているかを見直してもらうために、実施したアンケートです。

当時は、喜ばしいことに沢山の区民に協力を 得まして、忘れ去られていたスポットや人気の著しい場所が次々と挙げられて、杉並区の街並みの美しさが改めて証明された機会となりました。

杉並百景の実施により、評判を聞きつけて移住してきた住民もおりました。
杉並 一戸建てを購入した背景には、ここでした観察できない貴重な文化財があるからです。

杉並百景で選ばれたスポットは、応募のあった781景から候補地を200景に絞り、「杉並の人とまち」というものをつくって、区民投票で100景が正式決定しました。

公式に選ばれた100景の見える杉並 一戸建てに住もうと、都内に限らず郊外からも移住してくる人がいます。
街を振り返る目的で実施したイベントが、入居希望者を引き寄せる原動力となりました。