外国人受けする杉並 一戸建てに

東京オリンピックの開催が決まって数年が経過し、各産業が躍起になってオリンピックを視野に入れた事業を始めています。

不動産会社は、にわかに慌ただしくなり競技場や施設などの建設で忙しくなっています。
杉並区では、東京オリンピックを皮切りに、外国人の区内への移住が大幅に増えると予測しています。

今後、増えてくる外国人にどのような杉並 一戸建てを提供すべきかと、真剣に悩みの種となっています。
現代でも、外国人の区民は一定数おりますが、彼等に満足してもらっている杉並 一戸建てを十分つくれているとは限りません。
圧倒的多数の日本人の中で、外国人は日本の住宅文化に慣れてもらっていると言うしかありません。

特別な行事がなければ、今のスタイルを突き通しても文句の余地はありませんが、オリンピックという国際的な祭典が開催される以上、基準は日本の伝統文化でなく、世界共通して好まれる嗜好が前提となります。
そこに和の風情を付け足して、日本独自のおもてなしを住宅で 体現していくこととなるでしょう。

オリンピックの開催までに達成する目的はたくさんあります。
杉並区が、東京都の品格と威厳を保てる責任を、住宅建設において重く背負っているのです。