ハイヤー運転手の受ける研修

車を運転する者にとって、再認識しておかなければならないのは、同乗者の命を預かっているということです。これは、運転の技術だけではなく、車の点検や定期的な整備はもちろんの事、交通法規も正しく認識しておかなければなりません。ハイヤーの運転手の場合、特に業務において大切なお客さまの命を預かるものとして、車内サービス以上に安全な運転を心掛けていきます。もちろん、こうした取り組みは、個人の努力だけではなく、会社全体で取り組んでいくべきもので、現在では多様化とともに、様々な研修への取り組みが行われるようになってきました。

ハイヤー運転手の研修として、プロのインストラクターの手による、技術向上の研修というものがあります。これは、プロのドライバーによる研修の一環で、専用の施設において乗車の技術を研さんしていくというものです。研修内容としては、実際に車に乗車し、プロによる運転技術を学ぶものですが、その内容は運転技術や安全面に寄与するだけではなく、様々なトレーニングを重ねていくものです。これらは、万が一の際の事故を未然に防ぐためにも、判断力や対象方法を身につける為のもので、正確なハンドルさばきやスムーズな運転の向上を目指します。

車の運転免許の更新時には、安全運転講習会をほとんどの方が受けていると思いますが、ハイヤーの運転手の場合、危険予知能力の向上を目指すトレーニングとして行われています。運転走行中は、こちら側にミスがなくとも、相手側からによる事故が避けられないケースもあります。特に、小さなお子さんや老人たちの、注意散漫による飛び出しは避ける事が難しく、自転車やオートバイなどの急な車線変更など、なかなか予期しにくいケースでの事故も多発しています。その為、事故発生に関して意識や考え方を見直すとともに、講習による危険予知能力の向上が必要となっています。

ハイヤーの運転手たちは、会社から様々な情報を得るだけではなく、同じプランナー同士での横のつながりを非常に大切にしています。特に先輩プランナーたちは、これまでの経験を生かし、実際の現場で浮かび上がる様々な疑問や質問に、アドバイスを送りながら誰もが何でも聴ける環境作りを整えています。特に交通事故は、そのほとんどが機械的な問題ではなく、ヒューマンエラーと呼ばれる事故が90%を超えるといわれていますので、ドライバーに対するメンタルヘルスが非常に重要視されています。これらに対処する為、運転指導だけではなく、健康や精神状況のマネジメントも必要となってきます。